信州そば店・北信州 戸狩温泉 トガリン村   
このページは、信州田舎暮らしトガリン村のあれこれについてご案内しています
ホーム そば打ち体験 そば通販 そば処石田屋一徹 楽天市場
信州田舎暮らし・トガリン村の開拓史
戸狩温泉トガリン村
むら・開拓団史 
住人
 家族紹介
信州ぼくちそばアカデミー 
村の研究所(ラボ)


1次産業

そばラボ
オヤマボクチ
野菜ラボ
2次産業 みそ豚どん
フードラボ
3次産業 信州ぼくちそば
村の暮らし
saya&takaの長野田舎暮らし
ARTラボ




石田屋


〒389-2411
長野県飯山市大字豊田6786
戸狩温泉 トガリン村事務局(石田屋内)
TEL.0269-65-2121
FAX.0269-65-4875
管理人直通電話 090-1120-2315
e-mail
時には一人になったり、時には大勢の仲間が集まったりしてトガリン村は継続しています。次の世代に引き継ぐ準備も進んでいます。
信州戸狩温泉 トガリン村物語開拓史
昭和63年 ふるさとそば園組合設立 26軒の民宿が共同で水田3haにソバを播きそば事業がスタートしました。

平成14年(2002)
・信州田舎暮らしの会発足

こだわりの技を持つ人たち27人を現地会員として発足
・体験モニター受入開始
・3年間信州田舎暮らしの体験モニター受入を行い、
信州田舎暮らし希望者の調査を行う。
・07年 トガリンむらの建設に至る

 開拓史

平成15年(2003)

・北信州の原風景を活かしたどこでも露天風呂建設
・TEAM露天を15名で結成

・「掘って、浸って、語りあえば、元気と笑顔がわき上がる」
・信濃毎日新聞「がんばれ信州の元気たち!」 元気大賞受賞

 露天ふろ

平成16年(2004)

・NPO法人夢田舎・信州田舎暮らしの会設立
・都市と農村の交流事業を開始
北信州地域の特産品開発を行う
・地域産業創出事業、そばの木プロジェクトの設立に至る

開拓史

平成16年(2004)

・みゆき野そば街道協議会設立
民宿、市内そば店22店舗が参加
・なべくら高原産そばのブランド化を目指す
生産者組合と共同で同高原産蕎麦を「なべくら高原雪割そば」  と命名

・手打ち二八そばを「雪割そば」と命名

 
平成17年(2005)

・北信州いいやまそば街道組合に名称変更
・北信州いいやまそばの里宣言
・第1回 いいやまそば祭り開催

平成18年(2006)

・LLP法人 北信州いいやまそば街道有限責任事業組合設立
北信州いいやまそばの里宣言式

平成19年(2007)・トガリン村物語設立
・荒廃農地の開墾作業開始 ・山菜園づくり開始 ・そば園づくり開始
   山菜園開墾事業

開拓史

平成20年(2008)
・荒廃農地の拡張 ・将軍家献上飯山そばの復活作戦/そば園の拡張



平成21年(2009)
・40数年使用した1haのグランドを開墾しそば畑に復活4ha
になる
・わらび園の収穫開始

7月、8月の長雨により全国的にソバが不作というより大凶作となり品不足が顕著です。

当トガリン村はすべての畑において平年を上回る収量を生産する事が出来ました。
振り返ると、ここ飯山でも種まきの最適期は1週間ほどでした、うまくその期間に種まきをすることができたのがよかった。

開墾

平成22年
北信州6市町村のぼくちそばを打つそば店が参加する「北信州ボクチそばネットワークス」を立ち上げる 6月に設立総会開催
第1回 信州ぼくちそば麺バトルを会場石田屋一徹で開催
構想6年目にして実現にいたる。

戸狩温泉で飲食業を営む5店で信州ブランドポークを使用した豚どんの開発を進める。
食べよさいいやま・みゆき豚ファイブ の会を設立12/15設立総会
オリジナルの丼タレを開発し名称を 信州いいやまみそ豚どんと命名

信越そばの谷街道構想の準備を開始する、 96.7km日本一長い蕎麦街道

みそ豚どん
平成23年
トガリン村で大型トラクター購入/耕作放棄地開墾予定60a 6月末作業開始
 2ha以上の開墾面積になる。
そば栽培、化学肥料から有機肥料栽培にすべて替えました。

菜の花まつり会場でうまいもの祭り 蕎麦と豚 初出店


・9月 ダッシュ村に出ました。
・10月信州松本そば祭りに出店しました
・10月29,30日 第2回北信州新そば祭り ぼくちそば麺バトル開催

東日本大震災3/11 

ダッシュ村
ダッシュ村に出ました
平成24年
・太田地区公民館と共催でそば打ち養成講座の開設
・いいやま菜の花祭り出店 5月
・うまいもの祭り+あじさい祭り 7月
・第1回戸狩温泉そば花まつり開催 会場案内図
・信州松本そば祭り出店 10月
・うまいもの祭り+新そば祭り開催 10月
・トガリン村そば収穫祭開催予定 11月
・浅間温泉新そば祭り出店 11月

9月まで猛暑が続き、米、そば不作。8月27日に播種を行った蕎麦の実付きが良好、通常ではありえない日程だ。

松本そば祭り
松本そば祭り
研究員
井中 幸誉さん/新潟県(デザイナー)・辻之内さん/・長谷川さん/坂城町・飛澤さん・一徹さん
加藤さん/東京都・山本さん/東京都・宇田川さん/長野市(建築士、インテリア・コーディネーター)

・研究員の皆様と一緒にトガリン村の村づくりを話し合っています。どなたも自由に参加いただけます
    

ブログやってます