このページはそば処石田屋一徹がオヤマボクチの栽培から製品までの工程を紹介しています。
ホーム そば打ち体験 そば処石田屋一徹 楽天市場
オヤマボクチ栽培の記録と信州ボクチそば
戸狩温泉トガリン村
むら・開拓団史 
住人
 家族紹介
信州ぼくちそばアカデミー 
村の研究所(ラボ)


1次産業

そばラボ
オヤマボクチ
野菜ラボ
2次産業 みそ豚どん
フードラボ
3次産業 信州ぼくちそば
村の暮らし
saya&takaの長野田舎暮らし
ARTラボ





長野ブログ

そばラボの活動記録を掲載中



お問い合わせは
長野県飯山市大字豊田6786
戸狩温泉・トガリン村むらづくり委員会事務局 
TEL.0269-65-2121 FAX.0269-65-4875
管理人直通電話 090-1120-2315
e-mail
収穫  トガリン村のそばラボ・ そばのつなぎオヤマボクチの栽培

オヤマボクチはキク科ヤマボクチ属の多年草。山菜としてのヤマゴボウの一種。ゴンパ、ヤマゴンボと呼ぶ地方もある。語源は、茸毛(葉の裏に生える繊維)が火起こし時の火口(ほくち)として用いられた。

雄山火口(おやまぼくち)は、古くから飯山市富倉地区でそばのつなぎとして使用され、その歴史の古さは定かではありません
そのオヤマボクチからつなぎになる繊維を取り出す作業は、そばを打つ作業とは比較にならないほどの手間と忍耐が必要です
収穫したオヤマボクチの重量の600分1程になると言われています。

オヤマボクチは、自然の中に自生していますが、そば店で使うにはとても足りなく石田屋では栽培をしています。
これまた畑の管理をするのが大変、草との戦いです
収穫は7月から雪が降る直前まで行われます

トガリン村・オヤマボクチの栽培記録
オヤマボクチ
オヤマボクチ芽出し
3月タネをまいて芽出し


畑おこし
14年どんどん畑を増やしています

オヤマボクチ苗植え付け
一本一本手で植えていきます
オヤマボクチ収穫
7月収穫開始高さ1.8mくらいになります


オヤマボクチ葉脈取り
葉脈を取り出します


オヤマボクチ煮出し
重層を入れ3〜5時間煮ます

作業
清流で洗い流し繊維を取り出し

オヤマボクチ
完成品です


オヤマボクチタネ
オヤマボクチのタネ

こうして蕎麦処・石田屋一徹のオヤマボクチ入り富倉そば、信州ぼくちそばが作られます。

オヤマボクチ購入は  こちらから
オヤマボクチ
3年で成長が終わりタネを付けます


オヤマボクチ入り蕎麦に挑戦してみたいという方に、販売もいたしておりますメールでお問い合わせください 
北信州ボクチそばNetWorks
北信州にはオヤマボクチをつなぎとした手打ちそばが6市町村のそば屋さんで提供されています。
ルーツはと言うと、それはやはり富倉そばが最も古いのではないでしょうか。
各地区で名称を付けて頑張っていますが、今回それぞれのそば屋さんに呼びかけ、お互い協力し合いオヤマボクチ入りの何とも不思議な特徴のあるそばを、世に売り出しませんかとお誘いし、「北信州ボクチそばNetworks」と言う会を立ち上げる事になりました。

長野県の板倉副知事さんのご協力もあり22年3月9日に発起人会、4月には発会式を行いたいと思っています。
オヤマボクチの収穫の大変さ、繊維が入るためにこねる大変さ、そして延ばしにくい、しかし出来上がったそば切りは、
通常のそばでは考えられない蕎麦の味、一度食べた方は必ずやみつきになるでしょう。

しかしその製造工程の大変さから大量にできない、だからこの狭い北信州の地から外に出る事は無かった、
それが「幻のそば」と言われるゆえんか。